小林陵侑の海外の反応まとめ!成績は?かっこいいことでも話題!

ジャンプ(スキー)選手の小林陵侑がオーストリアのビショフスホーフェンで伝統のジャンプ週間で3連勝し、史上初となる、2度目の全勝での総合優勝へ王手をかけましたね!

そんな小林陵侑選手の海外の反応はどうなのでしょうか?

今回は小林陵侑選手の海外の反応をまとめてみました。

スポンサーリンク

小林陵侑のWIKIプロフィール

氏名:小林陵侑
出身地:岩手県岩手郡松尾村 (現八幡平市)
生年月日:1996年11月8日
身長:173cm
所属チーム:土屋ホームスキー部

参照元:Wikipedia

ノルディックスキー世界選手権
2019 ゼーフェルト 団体ラージヒル
ノルディックスキージュニア世界選手権
2016 ルシュノヴ 個人ノーマルヒル
2016 ルシュノヴ 団体ノーマルヒル
スキージャンプ・ワールドカップ
2018-19 総合成績
2019-20 総合成績
スキージャンプ週間
2018-19 総合成績
Raw Air
2018-19 総合成績
2019-20 総合成績
スキーフライング・ワールドカップ
2018-19 総合成績
2020-21 総合成績

小林陵侑選手の海外の反応まとめ

そしてイヌワシはに行きます…小林陵侑の素晴らしいパフォーマンスと2回目の4-Hills総合タイトルおめでとうございます!
今、侑侑には歴史的な機会があります。日本人は、1つの4-Hills-Tournamentの4つの大会すべてに2度目の勝利を収めた最初のジャンパーになることができます。このプレーは2018/2019シーズンに彼にとって初めて成功しました。一年前、いわゆるカミル・ストッフがグランドスラムに到達しました。

引用元:https://www.sport.pl/

スポンサーリンク

ノルディックスキーW杯で139mを記録!

2021年12月12日に開催されたノルディックスキーW杯で、1本目129.5メートルでトップに立つと、2本目はさらに記録を伸ばす139メートルの大ジャンプで合計262.8点を記録しトップになりました。2~6位はノルウェー人が占めていたとのこと。

リョウユウ・コバヤシは139メートルのジャンプで勝利し、ノルウェー人を打ち負かした。コロナウイルスの陽性反応でツアー中断から復帰した25歳の日本人は、勝者であることを確かめた。

イタリアメディア『Fondoitalia』

クリンゲンタールでは予想がねじれた、非常に奇妙な1日だった。
ノルウェー人の大規模な攻撃にもかかわらず、25歳は非常に果敢なジャンプで、悪風の条件にもかかわらず139メートルを記録した。

ポーランド専門メディア『skokipolska』

海外メディアも小林選手を絶賛していますね!

小林陵侑選手のかっこいい画像

かなり男前ですよね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は小林陵侑選手の海外の反応とかっこいい画像をまとめてみました!

北京オリンピックでの活躍も期待したいと思います!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!