須藤弥勒の読み方や由来は何?兄弟の名前も仏教に関係していた!!

今回は天才ゴルフ少女、須藤弥勒ちゃんについてです。

最初にこの名前を見たときには、私は全く読めませんでした。

そんな須藤ちゃんの名前の読み方、経歴やご家族についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

須藤弥勒の読み方は?

所見では、苗字は読めても名前は読めない方が多いのではないでしょうか?

「すとうみろく」と読みます。

この「弥勒」というのは、過去に存在していた人物で、調べてみると、仏教の唯識説を説くインドの唯識派の開祖、とのことでした。
ご両親かどちらかがおそらく熱心な仏教徒の方なのかなと思われます。

須藤弥勒の経歴は?

生まれは群馬県太田市。1歳からおもちゃのゴルフクラブを握り始めます。

2歳には本格的にゴルフを始め(早い!)、5歳で世界ジュニア選手権(6歳以下)で優勝をしています。

次の年も優勝しており、2連覇とのことです!すごい!

スポンサーリンク

須藤弥勒の家族を紹介

須藤ちゃんのお父さんはなんと!東京大学出身で、以前は東大で教授をしていたそうですが、弥勒ちゃんのために現在はゴルフ場に務めているそうです。

大学時代は仏教の研究をしていたとのことなので、 弥勒と名付けたことも納得ですね。

また、兄と弟もいるそうで、お兄さんが「桃太郎(ももたろう)」、弟さんが「文殊(もんじゅ)」らしいです。

文殊という名前も調べたところ、文殊菩薩という人物がいたそうで、やはり仏教から来ているようです。

まとめ

今回は須藤弥勒ちゃんについてまとめました。

今後の活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!