山中伸弥は嘘つきって本当?原因やみんなの意見まとめ

京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥さん。

医学や生物学を研究されていて、2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞していらっしゃる凄い方です。

そんな山中さんですが、「嘘つき」という噂が広がっています。

一体何があったのでしょうか…?

その原因やみんなの声についてまとめてみました。

スポンサーリンク

山中伸弥は嘘つきって本当?原因は?

山中伸弥さんの発言

ことの発端は、こちらの発言にある様です。

山中伸弥氏「ワクチンで将来何か起こる、不妊になる、という心配があるかもしれないが、根拠のないデマです。(ワクチンで)ウイルスは体に侵入できなくなる。(副反応は)数日で必ず治る。社会を以前の状態に近付けるためには、国民の80%以上のワクチン接種が必要。」

引用元:Yahooニュース

スポンサーリンク

実際の副反応は?

では、実際の副反応についてはどうだったでしょうか?

実際に数日で治る方が多かったかなとは思いますが、そうでなかった方々もいらっしゃり、それに対して「嘘つき」という意見が多くなっている様ですね。

確かに、山中さんのこの会見を聞いて安心してワクチンを打ちに行ったけど、実際そうでなかったら嘘つきと言いたくなりますよね。

山中伸弥は嘘つきって本当?みんなの声まとめ

スポンサーリンク

まとめ

今回は山中伸弥さんが嘘つきという噂について、まとめてみました。

なぜ山中さんはこのように発言してしまったのでしょうか…?山中さんの立場的なことなどもあったかもしれませんが、実際に数日で治らなかった方々がいらっしゃるので、嘘つきと言われてしまうのは仕方ないことかもしれませんね。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!